伊豆大島アシスタントインストラクターコース

PADIアシスタントインストラクターコース参加前条件

満18歳以上

認定ダイバーになってから6ヶ月以上

PADIダイブマスターまたは広く認められているレクリエーション・ダイバー指導団体からのリーダーシップレベルの認定

ログに記録されたダイブ本数60本およびナイトダイビング、ディープダイビング、アンダーウォーターナビゲーションの経験

過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニングを修了

PADI ダイブマスターでない場合には、PADI ダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー・スキル評価を修了する。

ダイビングに適した健康体であることを証明する過去12ヶ月以内の医師の署名入り健康診断書。

伊豆大島でアシスタントインストラクター
アシスタントインストラクター伊豆大島

PADIアシスタントインストラクターコース
4日間¥100,000(税別)

料金に含まれるもの

講習料

保険料

料金に含まれないもの

必要な教材・器材・交通費・宿泊費・個人的な支出・AI申請料

必要教材

PADI インストラクター・マニュアル

PADI ガイド・トゥ・ティーチング

PADI スペシャルティ・コース・インストラクター・マニュアル、または以下のスペシャルティ・コース・インストラクター・ガイド:
●ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー
●プロジェクトAWARE
●AWARE −サンゴ礁の保護

PADI オープン・ウォーター・ダイバー・マニュアル

レクリエーショナル・ダイブプラナー:RDP テーブルとeRDPML、使用説明書

PADI スキル練習とダイブ・プランニング・スレート

オープン・ウォーター・ダイバー・クイズ&エグザム

アドベンチャー・イン・ダイビング・マニュアル

PADI レスキュー・ダイバー・マニュアル

レスキュー・ダイバー・ファイナル・エグザム

PADI ダイブマスター・マニュアル

ダイブマスター・ファイナル・エグザム

水中用キューカード:オープン・ウォーター・ダイバー、アドベンチャー・イン・ダイビング、レスキュー・ダイバー、ダイブマスター、ディスカバー・スクーバ・ダイビング

限定水域レッスン準備スレート

オープンウォーター・トレーニング・ダイブ・レッスン計画スレート

エンサイクロペディア・オブ・レクリエーショナル・ダイビング

ダイビング・ナレッジ・ワークブック、またはダイビング理論オンラインのe レコード

※最新のマニュアルが必要となります。コーススタート前に各教材の確認をいたします。

実際のプールや海では

●ダイブマスターで修了したスキルをデモンストレーションレベルで見せる。
●海況の判断する。
●水中や陸上でのトラブルの回避する。
●水中や陸上でダイバーのお手伝いをする。

教室でのプレゼンテーションも大事になります。

アシスタントインストラクター伊豆大島アシスタントインストラクター認定条件は
1. PADI e ラーニングにより自習セクション全部をオンラインで修了するか、アシスタントインストラクタコース期間中に以下のセクションに出席する:
a. 学習、インストラクション、PADI システム
b. 一般規準と手続き
c. リスク・マネージメント
d. ダイビングのマーケティング
e. スタート・ダイビング
f. PADI スペシャルティ・ダイバー・コースを教える
g. ビジネス・オブ・ダイビング−クラス出席はオプションだが強く推奨される
h. キープ・ダイビング−クラス出席はオプションだが強く推奨される
i. レクリエーショナル・ダイブプラナー(RDP)の教え方 — クロスオーバー候補生は必修、PADI メンバーはオプション

2. 以下のカリキュラムに出席する:
a. コース・オリエンテーション
b. 知識開発プレゼンテーション
 ● 知識開発講習プレゼンテーション1、2
 ● 4 つのE のカウンセリング・ワークショップ1
c. 限定水域での講習
 ● スキル・デモンストレーション・ワークショップ
 ● 限定水域講習プレゼンテーション1、2
d. オープンウォーター・ダイブの実施
 ● オープンウォーター講習プレゼンテーション1
 ● ダイバー・レスキュー評価
3. 知識開発講習プレゼンテーションを2回行ない、少なくとも1 回で3.5以上を得点する。
4. 限定水域講習プレゼンテーションを2回行ない、少なくとも1 回で3.4以上を得点する。
5. 2 種類のスキルを組み合わせた統合オープンウォーター講習プレゼンテーションを1 回行ない、
各スキルで3.4 以上を得点する。
6. スキル評価スレートに記載されている24 種類のダイブスキルをすべて行ない、合計82 点以上を得点する。ただし、ひとつでも3.0 より低い得点があってはならない。
7. PADI システム・規準・手続きエグザムで75%以上を得点し、間違えた問題については、正しい答えを理解するまで復習する。75%未満の候補生は再試験を受ける。
8. オープンウォーターでPADI ダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー評価を修了する。

プロフェッショナリズムの基準を満たす。

積極的でトレーニングセッションに前向きに参加している。

生徒ダイバーに対し、良き助言者(メントール)としての役割を果たす能力がある

生徒ダイバー、認定ダイバー、スタッフに対し、積極的な姿勢/態度を示す。

環境を大切にすることに対し、積極的な姿勢を実践する。

アシスタントインストラクターの役割を理解している。

身なりを整えている。

IDCは連続でなくても開催できる

stuffからのおすすめポイント

rie当店でアシスタントインストラクターコースを受けていただける方は基本的に当店でダイブマスターになられた方限定となります。コースに入りますと実際にお客様からはスタッフとして見られるため、当店スタッフとしての立ち振る舞いが必要となるからです。もちろん他店でダイブマスターになれた場合でも、積極的にアシスタントインストラクターになる!という方も大歓迎です。コースに入る前に面接を受けていただきます。その後コースお申し込みとなります。連続した日程でも、週末だけ利用しての講習でもスケジュールについてはご相談ください。可能な限り対応いたします。ダイビングスタッフとして必要な経験や伊豆大島のローカルルールを学び、アシスタントインストラクターコース終了後のインストラクターへ活かせる様に頑張ってください。
当店は、講習専門店ですので様々なメニューがあります。またエンリッチドエア・ナイトロックスを軸に講習している事のメリットも大きいと思います。最新の器材「リブリーザー」にも触れることが出来るのも魅力の一つと言えるでしょう。

このコースの特典

器材を購入する場合スタッフ価格で購入出来る。

講習とは別にアシスタントをお願いする場合のダイビング料金がフリー。

認定までの規定数以外の追加のダイビングをトレーニング価格で受けられる。

コース終了後アシスタントインストラクターとして活躍できる環境を提供する。