大島でいよいよトレーニング開始です。
自分で実際に潜ってみて色々と検証をして、対処法をしっかりと身につけたいと思います。
習うより慣れろ!ですね。オープンウォーターの講習の時以来のドキドキとワクワクです。

呼吸するガスの管理を機械任せに出来るのは分かってはいても、ちょいちょい気になります。
ポセイドンは酸素分圧表記が「今はこの数値ですよ。」「でもこの数値にしようとしてます。」をず〜っとやってます。
水深が変わる度に気になって見ちゃいますね。見ないより良いはず!うん。

レジャーダイバーは無減圧潜水が基本ですよね?
写真は左がCCR。右はAIR設定のダイビングコンピュータです。
減圧潜水になるまでの時間の開きには驚きです。AIRで潜った場合は、3分以内に浮上しなければなりませんが、CCRだと同じ水深ならあと71分居られる表示です。
写真を撮るダイバーには長く留まれるって大事ですよね?ものすごい余裕になりますね。
PADIがコース設定したCCRなので信頼出来るメカニズムのはず。
トラブルのが出た時の対処法など身につけ信頼出来るまで潜り倒すしかないですね。
慣れた時のポカをしないようにも。

リブリーザーで大島潜りました。

リブリーザーで大島潜りました。

しばらくは新しいおもちゃを与えられた子供のように楽しみたいと思います。